ボニックを実際に買って試しに使ってみました

ボニック

 

ボニックはボニックプロの前に販売されていたEMSマシンです。EMSマシンといえば貼り付けるタイプやベルトタイプが多いのですが、ボニックは手にもって好きな場所に当てれるので自由度が高いんです。

 

EMSと超音波機能があり、EMS(電気信号)で筋肉を強制的に動かすので筋トレが嫌いな人や鍛えにくいウエスト周りを簡単にシェイプアップすることができます。毎日5分でいいので手軽にボディケアが可能です。

 

無理なダイエットをしても結局はリバウンドをして体重が逆に増えてしまったという経験をしている人も多いかと思います。ですので無理をしないで簡単にダイエットしないほうほうがおすすめです。

 

超音波はむくみやセルライト、脂肪に刺激を与えます。超音波で血行をよくするので冷えで悩む女性にもおすすめ。体内の老廃物を排出してくれますので脚痩せ効果もあります。

 

ボニックのレビュー

ボニック

 

まずはモード選択です。ソニックモード(超音波)とパルスモード(EMS)があります。強さは左のボタンでLOW-MID-HIGHの弱中強となっています。初めて使うならLOW(弱)モードから慣れていき徐々に強くしていってください。

 

最初にソニックモード(超音波)で体を温めます。刺激はありません。当てていると肌がポカポカしてきます。リンパの流れをよくしているので老廃物も流してくれます。脂肪を減らしたいという人は超音波モードを長めにしたほうがいいでしょう。

 

パルスモード(EMS)では筋肉を刺激するのでソニックモード(超音波)でまず身体を温めてからパルスモードをしたほうがより効果的です。腕、足など5分ずつ毎日していくと徐々に効果を実感できるはずです。1日2日ではまだ痩身効果は実感できません。

 

1〜2週間は継続して続けてください。

 

ボニック

 

ボニックは肌への接地面が大きいのが特徴です。接地面が大きいのでより効率的に気になる部位に当てることができます。手に持てるサイズですし、軽いから5分くらい当てるなら問題ない重さです。

 

ボニック

 

ボニック専用のジェルにはEMSの電気刺激を通しやすくして効果をアップさせる効果があります。

 

ジェルの成分

水、BG、グリセリン、褐藻エキス、クレマティスエキス、シモツケソウエキス、スギナエキス、セイヨウキズタエキス、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、リン酸アスコルビルMg、グリチルリチン酸2K、ヒトオリゴペプチド-1、リン酸Na、レシチン、ダイズ油、エタノール、メントール、レスペデザエキス、ウルバラクツカエキス、コンブレタムミクランサム葉エキス、グリチルリチン酸アンモニウム、コハク酸2Na、ナイアシンアミド、トレオニン、PG、マツエキス、ホップエキス、レモンエキス、ローズマリーエキス、セイヨウハッカエキス、ポリソルベート80、オレス-8リン酸Na、塩化Na、カルボマー、水酸化K、メチルパラベン、フェノキシエタノール、クエン酸Na、クエン酸

 

つまり、何もつけずにボニックを当てても全く意味はありません。ちなみにお風呂に入っているときにボニックを使えば体が温まりますのでより効果を発揮しますが湯船につかりながらだとジェルが流れてしまうので湯船に足をつけながらや半身浴をしながら使ってください。

 

ボニック

 

実際に腕に当ててみるとこんな感じです。血流の流れにそって動かしたりくるくる回しながら当ててください。